注文住宅,図面

注文住宅でトラブルなく順調に工事が進んでいても急に現場があわただしくなってくるときがあります。図面をよく見ることが大事です。
ホームボタン
家族が増えても大丈夫な家

結婚してすぐに住宅ローン

私は、結婚した時、すでに、家がありました。新築で立てたので、結婚と同時に、私もローンを背負うことになりました。それはよしとして、二人きりの生活は何も問題がありませんでした。寝室に、セミダブルのベッドが二つ。リビング、和室、、ダイニングキッチン、そして主人の趣味の部屋の、防音設備のついたバンドの出来る部屋もありました。お客さんが来たときにも困りません。困り出したのは、子どもが生まれてからでした。小さいうちは良いけれど、小学生になると、勉強机が必要になります。子供部屋がないのです。リビングが遊び場だったので、ちいさいうちは良かったけれど、寝室は、将来の子供部屋にするために、二つに仕切れる構造になってるようですが、セミダブルのベッドが二つあるので、これは、どうするの・・となると、仕切れません。こうなると、無駄になってくるバンド用の部屋は、大きなドラムや音楽機材があふれ、ここも、子供部屋にはなりません。

結婚と同時に、家を購入準備をするのだったら、私の意見もたくさんとりいれてもらえたのになあと思いました。ベッドにせず、布団だったら、良かったです。将来は、寝室を、子供部屋にし、二段ベッドを置くこともできます。バンド部屋は、工夫して、夫婦のへやにできるような作りにしておくとよかったです。

子どもが何人欲しいか、何人恵まれるかは分かりませんが、将来を考えると、大型家具の購入はなるべく避けないと、どうにもアレンジできません。いつかは、二人の生活になるかもですが、子どもとクラス期間が大きいので、それを十分に見越して、家づくりをするとよいと思います。

Copyright (C) 2014 注文住宅で4種類の図面を見る All Rights Reserved.